AGAの場合の育毛について

AGAは男性性脱毛症と言われ、名前からも分かるように男性に多いものです。ただ、男性の脱毛の原因がすべてAGAだとは限りませんから、AGAが原因ではない場合にはAGAの対処法を行っても育毛効果は得られません。
AGAとはどのようなものかというと、これはホルモンが影響するものです。ホルモンについては遺伝的な要因によって決まることが多いですから、遺伝で薄毛になる場合にはAGAの可能性が高いと考えられます。
AGAの原因として男性ホルモンの一種のジヒドロテストステロンがあります。ジヒドロテストステロンは胎児期や思春期に働くホルモンで、性ホルモンとしては重要なものです。適切な時期に適切に働けば良いのですが、それが不要なときにも分泌されて働くことによって生じる薄毛がAGAなのです。
AGAであるかどうかはDNA配列を解析することによって分かります。ですから、医療機関できちんと検査を受ければAGAかどうかをすぐに知ることができるでしょう。DNA配列は年齢によって変化しませんから、検査を何度も受ける必要はなく、一度だけで分かります。検査はどこの医療機関でも行っているわけではありませんから、検査を受けるためには専門の医療機関に行くことが必要。