薄毛の原因について

正常な状態では薄毛にはならないわけですから、薄毛になるのには何らかの原因があります。この原因を把握しておくことは必要でしょう。
原因の一つとして考えられるのが頭皮の状態です。毛は頭皮から生えてきますから、頭皮の状態が悪くなることによって薄毛になる可能性はあります。例えば頭皮が不衛生になっていたり、あるいは頭皮の血行が悪くなったりすることによって薄毛になる可能性は高くなると考えられます。この場合には、頭皮の環境を整えることで育毛効果を期待できるでしょう。
それとともにホルモンも影響します。特に、頭皮の分泌を促進するホルモンが大きく影響していることは多いようです。ホルモンが異常に分泌されることによって皮脂が過剰分泌し、この皮脂によって育毛が阻害される事があるのです。ホルモンを調整することによって育毛効果を期待できます。
ストレスも原因になることが多いようです。ストレスは間接的なものである事が多いと言えるでしょう。ストレスによって血行が悪くなって薄毛になったり、ストレスがホルモンバランスを崩して薄毛になったりすることもあります。ストレスが原因の場合には、何らかの方法でストレス発散をすることで育毛効果を期待できます。